グロース株

社長の見た目が「日本一すごい」上場企業

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​こんにちは「けんちゃんファンド」といいます。

サラリーマン×投資家×ブロガーで、日本株投資開始以来6年で資産を35倍以上に増やした実績があり、長期で個別日本株と米国株に投資をしております。

ブログでは、有望銘柄や株主優待銘柄を中心にご紹介をしていきますので、よろしくお願い致します。

このページを見る事で、企業の本質を数字でとらえ急成長企業を発見することができるようになります。

まだ投資をしたことがない人や、個人投資家向けに、やさしく分かりやすい内容になっておりますので、最後までぜひご覧ください。

こんな人におすすめの内容
  1. 急成長企業を発見したい
  2. 株価の値上がりを期待したい(キャピタルゲイン)

それでは本題に入りたいと思います。

ご紹介企業の特徴

  • 社長がとても個性的
  • ​実績もかねそろえている企業​

楽天証券スーパースクリーナー活用(銘柄選定)

スーパースクリーナー選定条件

  1. 売上高変化率30%以上
  2. ROE10%以上
  3. 自己資本比率60%以上

上記3つを参照し、楽天証券スーパースクリーナーに入力でスクリーニングにかけて見ましょう。

スクリーニング結果

2020年12月1日10:01分更新データ

楽天証券スーパースクリーナーより引用

3つの条件を追加で入力すると、31の「超有望銘柄」と思うものに絞られます。

その中の1社が今回ご紹介させていただく

  • Sun Asterisk(サンアスタリスク)


他の銘柄をよく見ると、「今をときめく銘柄」が多い事に気づきます。たった3つ追加入力し、スクリーニングするだけでこれだけの有望銘柄と思うものに出会えるのですから、楽天さんのサービスに感謝するしかありません。

それでは、どのようなビジネスモデルかみていきたいと思います。

どんな企業(事業内容)

2つの主要セグメントで構成されております。

①クリエイティブ&エンジニアリング事業②タレントプラットフォーム事業

Sun Asteriskさんホームページより引用
Sun Asteriskさんホームページより引用

注目ポイント

*ベトナムに子会社(約1,300名)を要し、素早いプロダクト改善やサービスに強み 

社長の経歴(小林泰平さん)

ホームレスを経験している上場企業の社長を小林さん以外知りません。

  1. 名門早稲田実業に中学受験で入学
  2. バンド活動(ライブハウスでライブ中学3年)
  3. 高校入学(まったく行かず退学)
  4. ホームレス(16歳~17歳まで1年半)
  5. 新宿のクラブで働く(約6年で副支店長までのぼりつめる)お酒を飲み続けなければならず、身体を壊すと思ってやめる
  6. IT会社に入社
  7. 2012年ベトナムに飛ぶ(そこでSun Asteriskの前身となるフランジア立ち上げ)
  8. 2013年3月Sun Asterrisk設立
  9. 2020年7月Sun Asterrisk上場

企業業績等

市況情報

  • 2020年12月01日(月)終値参照
  • Sun Asterriskサンアスタリスク(4053)
  • 株価3,005
  • PER143.77
  • PBR34.07
  • 配当金0

売上高

18年から19年にかけて売上が倍以上成長しています。今年度は3Qまでの実績しかでていませんが、見通しとしては、前年を上回る予定です。 

Sun Asteriskさんホームページより引用

​営業利益

右肩あがりに上昇しています。 

Sun Asteriskさんホームページより引用

1株あたり当期純利益

右肩あがりに上昇しています。 

Sun Asteriskさんホームページより引用

チャート

定規で線を引いてみました。すると、右肩あがりであることが分かります。 

Sun Asteriskさんホームページより引用

四季報を見て解説

良い所

・高成長 

・柱の事業開発支援は大手企業を中心に顧客社数約10増(前期末72社) 

・1社あたり事業数が増え単価も上昇 

・人件費増をこなし営業増益 

・21年12月期も顧客社数、単価とも伸び続く 

・日本マイクロソフトとの提携や大手向けセミナーをテコに大手上場企業を積極開拓 

・毎年、売上利益増加 

・ROE高い31% 

・ROA高め12.2% 

・自己資本比率高め71.8% 

・現金等2,218百万に対して有利子負債464百万と少ない 

懸念

・社長が第4位株主292万株(8.5%) 

主観

・四季報の内容とは関係ありませんが、PERが143.77(2020年12月1日終値)ありますので、じゃっかんの割高感があります。今後さらに成長し続ける事ができるかどうかで市場の評価が決まりそうです。今の所、順調に成長しているように思います。大手企業を顧客にかかえており、売上の半分近くをあげていますので、今後も安定的に成長していけるのではないかと考えます。社長の決算動画を拝見しましたが、意外といったら大変失礼かもしれませんが、しっかり説明されておりました。 

まとめ

同社は、テンバガーになるような力を秘めている銘柄だと思います。

社長の外見は奇抜であり、他の上場企業とは一線を画しますが、企業は利益をあげれば、株価が上昇する傾向が高いと思います。なので、社長の見た目を気にすることなく、今後も高い利益率をあげることができるかが焦点になると思いますので、そこに注目して今後も監視していきたいと思います。

最後に、個別銘柄の買いを推奨するものではございません。投資をする際は、慎重に自己責任でお願い致します。

今回のブログの内容がよかったという方は「けんちゃんファンド」ツイッターアカウントのいいね・フォローを頂けるとはげみになりますので、宜しくお願いいたします。 

​​